【gum】の意味と例文

【gum】の意味

【gum】の例文一覧

There’s gum stuck to the back of my shoe.

靴の裏にガムがこびりついちゃった。

It’s obvious but the connection between people is “words”. It is by those words that thoughts are shared and arguments carried out.

あたりまえだが、人と人との接点は「ことば」である。その言葉によって、考えを共有し、議論している。

During the orgy Megumi ran naked round the lawn.

乱交パーティーの中で、めぐみはすっぱだかで芝生を走り回った。

Although an increase of unmarried mothers is needed in order to escape the declining birth rate for some reason public opinion in Japan is avoiding this argument.

少子化からの脱却には、非婚マザーの増大が必須なのに、日本の世論はなぜかこの議論を避けている。

If you continue with the pointless arguments here…it’ll end up as a repeat of yesterday.

ここで意味のない押し問答を続けては・・・昨日の繰り返しですわね。

Ah, sorry. Megumi, could you get me the conditioner?

あ、ごめんなさい。めぐみ。リンスを取っていただけますか。

“You know a kid called Megumi Noda, right?” “Noda?” “Makes weird sounds like ‘Hagya’, ‘Fugi’”

「野田恵って子知っていますよね」「のだ?」「『はぎゃ』とか『ふぎ』とか奇声を発する」

There are a lot of people who say, “it says this in Koujien,” and use that dictionary as the only grounds for their argument.

「広辞苑にこう書いてあります」と言って、広辞苑を唯一の拠り所に論陣を張る人がよくいる。

Argument continues about the “White collar exemption” that exempts specific white collar workers from the “8 hours in 1 day, 40 hours a week,” working hours fixed by the Labour Standards Act.

「1日8時間、週40時間」という労働基準法が定める労働時間の規制を特定のホワイトカラーだけ除外する「ホワイトカラー・エグゼンプション」の議論が進んでいる。

I see the point of the argument.

論点がわかる。

Comments are closed.